tom_flavor_issue

no rain, no rainbow

Latest(Selected) Entries

記事本文 Comments Trackbacks

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

 GWだっていうのに何の予定もなく、家にいても暑くていらいらするから、とりあえず電車に乗って出かけることにした。そしたら、すごくあったかい光景を見かけた。電車で通りすぎる、とある駅のとなりにある小さな公園。そこのベンチにおじいちゃんと孫が並んで座ってた。しかも、ふたりとも膝に手をおいて。その姿がなんとも微笑ましくて、ふたりで並んで電車を見送ってる姿がすごくやさしくて、なんだかほんとに癒された。

 行き先はさいたま新都心。今日はすごく暑いけど、風がすんごく気持ちいいことに気づいた。「去年の今頃もこんなにあったかかったっけ?」こうやって思う度に、わたしは日本に生まれてよかったなぁって思う。21年間とちょっとも生きてきて、毎年毎年四季の移り変わりには、新鮮な驚きがある。「こんなに寒かったっけ?」「こんなに早く桜咲いたっけ?」「こんなに暑かったっけ?」「こんなに台風来たっけ?」「こんなに涼しかったっけ?」…きっとこれからもこんな気持ちをいっぱい感じるんだと思うとなんだかうれしい。

 まずはTSUTAYAに行って、借りてたCDを返して、新たに映画を借りた。そして、カフェへ。本を読んだり、久々にSPIの勉強をしたりして、ゆっくりした時間を過ごす。カフェってなんだかつくづく不思議な空間だなぁって思う。何の目的もなくぼーっとしているおじさん。友だちとふたりで楽しそうにしゃべっているOL風のお姉さん。これから結婚の挨拶をしに行く話をしているカップル。わたしみたいに一人で本を読んでる男の子。なんかみんな別々のことをしてるんだけど、それぞれの時間は微妙に調和しあってる。カフェは何かをするためじゃなく、時間をつぶしたり、乾いたのどを潤したり、のんびりするために利用されることが多い。だから、時間が空間が、とてもおだやか。それがとても居心地がいい。居心地がよすぎてつい長居してしまった。カフェでの人間模様を観察するのはすごく楽しい。

 帰ってきたら、借りてきた「シザーハンズ」を見た。この映画は何度も何度も見てる大好きな作品のひとつ。T・バートン監督&ジョニー・デップコンビの名作!わたしはラブストーリーとかファンタジーとかあんまり好きじゃない。だけど、この作品だけは例外。ハサミの手を持ったエドワードの純粋なこころがある街にもたらす奇跡。哀しくて、切ないけど、でもやっぱりラストは泣いてしまう。
「彼が去ってから毎年雪が…」
ってシーンがほんとにきれい。



 だけど、久しぶりに見たら、このエドワードみたいな特異な人を見る街の人の目の変化が前に見た時よりも理解できて、すごく哀しかった。最初は、特異なエドワードはめずらしがられて街中の人から興味を持たれて、人気者になる。そして、純粋な彼を利用する人々。だけど、日がたつと、彼は、疎まれたり、興味を持たれなくなっていく。人の“飽きる”って行為はすごく哀しい。さらに、ひとつ事件があると、群がって騒ぎ立てる人々。今までの彼に対する態度が一変して、彼を追い詰めていく様子はほんとに嫌になるけど、きっとわたしも含めて誰しもが持ってる性質なのかもしれない。

 ラストはほんとに哀しい。だけど、すごく美しい。彼が街に雪を降らせるのは、きっと彼の優しさだと思った。彼はきっと街の人に自分を覚えていてほしかったんだろうと。ハサミの手のせいで一緒にいられなかったキムだけではなく、街の人にも何かを感じてほしかったんじゃないかな。今日は初めてそう感じた。繊細で純粋なエドワードにこころを洗われた夜でした。





  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

「飽き」ねぇ〜。
僕は典型的な

“熱しやすく冷めやすい”

タイプです。
これ、どうやったらプラスの方向にもってけるか、日々考えてます。なんか、いい案ないかな〜??

たしかに「飽きる」ってのはマイナスのような言葉だよね。でも、飽きはひとつの指標にもなると思う。飽きるくらい、物事に打ち込んだ。飽きるくらいがんばった。これってすばらしいじゃない。人って同じ事をずっとやてるのって不可能だと思う。たまには、一息ついて、それから離れないとやってけないことの方が多いのかな。大好きなサッカーだって、ダンスだって、読書だって、飽きるときだってあるよね。まぁ、それは自然なこと、でも、少し離れると、またすぐやりたくなる。そのときに、あらためて、“すげぇ好きなことなんだ”ってきづく。「飽きる」ってのは、以外に気づく“きっかけ”を与えてくれるのかもね。
これそのまんまブログにかこっかな(笑)??
asukaのブログは考えるきっかけをいつも与えてくれる。感謝カンゲキ雨アラシって感じで。
  • D.E.K.A.
  • 2005/04/30 4:22 PM
私、ティム・バートンもジョニー・デップも大好きなの!!
だからシザー・ハンズも好きよ☆
かわいいんだけど、冷たいっていうか鋭いティムの世界は、ほんと魅力的です。。
  • ゆか
  • 2005/05/01 1:56 AM
>ゆうたさん
感謝カンゲキ雨アラシって…笑。
いっつもコメントありがと。わたしも、感謝カンゲキ雨アラシだよ。笑。
ゆうたさんの言うような「飽きる」はいいかもしれない。
だけど、この映画の中のような流行とかめずらしいものに群がって、それをぽんっと忘れてしまう「飽き」はすごく悲しいなぁって思ったんだー。
でも、離れて大切って気づくって確かにあるかもしれない!ゆうたさんこそいいヒントをありがと。

>かっちゃん
見たらコメントの時間まで一緒だったよ〜!
すごーい!!
まさに以心伝心☆
なんかうれしくなっちゃった。
ほんとティム・バートン&ジョニー・テップは最高だよね!!
そう、ティムの世界は鋭い!
もうこの話しだすと止まらないから、
今度直接飲みながら話そう♪笑。
  • asuka
  • 2005/05/01 4:02 AM
▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

2017

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
わすれもの
Metaphorical Music
All Is Full of Love
calm
the ジブリ set
Lust
World Is So Beautiful
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]
CASSHERN
アズールとアスマール [DVD]
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
列車に乗った男
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション
ナイン・ソウルズ [DVD]
クラッシュ
スワロウテイル
PiCNiC [DVD]
天国の口、終わりの楽園
ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉
アメリカン・ヒストリーX
地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
21グラム (初回出荷限定価格)
この世の外へ クラブ進駐軍
ニュー・シネマ・パラダイス ツインパック <10,000セット限定生産>

Latest Entries

Recent Comment

このpageのtopへ▲