tom_flavor_issue

no rain, no rainbow

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

病院の朝は早い。

6時に放送が流れて、
看護婦さんが血圧や体温を測りに来る。
カーテンが開けられて、
窓側のベッドのわたしは、
朝日がやけにまぶしくて、
目を細めながら、現実と夢の間をいつもまどろむ。

看護婦さんが帰ったあと、
同じ病室のふたりはいつも、
「逃亡してきまーす」と行って出かけていく。

そんなときのふたりは
点滴をしていても、病人とは思えないほど
とても明るい。

朝ごはんの後や、
昼ごはんの後、
消灯前の時間に、
彼女らはこぞって逃亡する。

そして、帰ってきたときの顔はもっと明るい。


逃亡とは、たばこのことである。


看護婦さんに車いすで運んでもらわないと
何もできなかったわたしは、
そんなふたりをいつもうらやましく思っていた。

大好きだったたばこを吸いたいという気持ちよりは、
その「逃亡」という行為がなんかいいなと思っていた。


遅刻して学校に行くときの
なんだかよくわからない優越感のような。

仕事中、打ち合わせと打ち合わせの合間の隙間時間に
カフェに入ってお茶を飲むときのような
ちょっと後ろめたさがある、
でも安らげる一瞬の休息のような。


だから、点滴棒などを頼りに
なんとかひとりで歩けるようになったときは、
ひそかに逃亡の誘いを待った。

「いいなぁ。わたしも吸いたいな〜」
逃亡から帰ってきてすがすがしいふたりに
ぼそっとつぶやいてみたりして、
ふたりが「吸っちゃえば?」というのを待っていた。


抜糸も済んで、
だいぶわたしのリハビリが進んできた頃、
ふたりがようやく言ってくれた。

「明日香ちゃんも逃亡する?」

あのときは、うれしかったなぁ。


3人で向かった、病院の外にある喫煙所には、
人がいつも溜まっていて、
みんな明るくて、
すぐ仲良くなった。

みんなはそんな自分たちのことを
不良仲間と言っている。

いろんな科の入院患者がいるから、
いろんな病気にくわしくなった。

医療系の情報番組やドラマは
なぜかみんな欠かさず見ていて、
次の日必ずそのテレビ番組の話になる。

「この病院にコトー先生がいればなぁ‥」とか、
「進藤先生がいればもっと悪くなる前に気づいたのに‥」とか
ドラマの世界に浸って、ふざけたことを言っている。

手術前だったり、
再発して再入院になったりして、
ナーバスな人がいると、
みんなで脅していじめたりするけれど、
病室に戻るときには、
みんな絶対笑顔になっている。


病気の分だけ、
つらい分だけ、
その分、みんなやさしかった。

病の経験は人をやさしく、
大きくするのかもしれない。


わたしは最後まで年上のみんなに
甘えてばかりだった。
コーヒーやらお菓子やら、いろんなものをおごってもらった。
泣き言もいっぱい聞いてもらった。


病室から喫煙所という、
短い、ささいな逃亡が、
わたしをいつも真っ暗なトンネルから
引っ張り出してくれた。

ありがとう。





  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

2017

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
わすれもの
Metaphorical Music
All Is Full of Love
calm
the ジブリ set
Lust
World Is So Beautiful
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]
CASSHERN
アズールとアスマール [DVD]
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
列車に乗った男
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション
ナイン・ソウルズ [DVD]
クラッシュ
スワロウテイル
PiCNiC [DVD]
天国の口、終わりの楽園
ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉
アメリカン・ヒストリーX
地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
21グラム (初回出荷限定価格)
この世の外へ クラブ進駐軍
ニュー・シネマ・パラダイス ツインパック <10,000セット限定生産>

Latest Entries

Recent Comment

このpageのtopへ▲